子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

*

子供の視力回復を紹介するサイトです

私はこのサイトの管理人と言えば聞こえはいいですが、何の変哲もない30代のどこにでもいる主婦です。

家族構成は主人、私、そして小学校4年生と2年生になる姉妹がいます。

そんな、どこにでもいるような私のここ最近の悩みと言えば「子供の視力」です。

私も主人も視力が悪いので、視力は遺伝性があるという話も聞きますし、子供たちもいつかは悪くなるかなぁ…となんとなく覚悟はしていたものの、長女が学校での健康診断で両目ともに0.6しか見えていないことが分かりました。

まだ4年生なのに視力が悪くなるとは・・・正直驚きでした。

また、こんなに早く視力が悪くなるとは思っていなかったので、かなりショックを受けてしまいました。

去年の健康診断では特に問題もなく、両目とも1.2以上見えていたので大丈夫だろうと軽く考えていたのに、1年でこれだけ視力が落ちるのか…

長女から「黒板の字が見えにくくなった」とも聞いていなかったので安心していたのですが…無理してたのかな?

私も小学生の時に視力が悪くなった経験あり

私自身、小学校低学年、中学年の頃は視力も1.5くらいはあったのですが、高学年になってガクッと視力が落ちてしまい、授業中だけ眼鏡をかけたり、席を前にしてもらったりして対応していました。この当時で0.5くらいしか視力がなかったと思います。

中学生になるとさらに視力は悪くなったものの、日常的に眼鏡を付けるのがイヤで、視力は悪いけれど目を細めながら頑張って生活をしているという感じでした。

今ではたくさんのおしゃれメガネもありますが、私が子供の頃には可愛いメガネなんてあるはずもなく、メガネ=ダサいというイメージが強かったんですよね。

でもメガネをつけずに生活することで、目つきが悪くなってしまったし、今となっては後悔しています。

その後私は高校生でコンタクトレンズを付けるようになり、現在もコンタクトなくしては生活できません。

一方、主人も小学校高学年から視力が徐々に悪くなり、私が出会ったころはメガネをかけていましたが、数年前にレーシック手術を受けて視力が回復しました。

私も主人も目が悪くなった理由がずばり「読書」です。

読書といっても漫画も含みますが、暗い部屋で寝ながら漫画や本を読んでいたことによって一気に視力が低下してしまいました。

また主人はDS(当時はゲームボーイとかですね…)などゲームのしすぎも視力低下につながったと話しています。

長女はまだ高学年ではないものの、やはり本を読むのが好きな子なので、読書は他の子と比べても多い方だと思います。

しかし私が口を酸っぱくして、電気をつけて座って読みなさいとしつけてきたので、寝ながら読んだり、暗い部屋で読んだりということをしていなかったと思っていましたが、私の見ていないところで、暗いところで本を読んでいた可能性もゼロではありませんよね。

我が子を疑うわけではないですが、視力が下がってしまった現状を考えると可哀そうと感じてしまうんです。

子供の視力回復はじめました

私や主人が小さい時には視力が悪くなれば、メガネをかけるという流れが一般的で、「視力回復」という方法を行う子は周りでもほとんどいなかったのではないかと思います。当時はネットもありませんでしたし、視力回復という発想はなかったですし。

しかし今の時代は視力回復の方法もたくさんありますので、娘も視力回復ができるのではないかと思い、気になった方法を子供と二人三脚で試しています。

何もしないで視力がどんどん悪くなっているのを待つよりも、今できること、今のうちに娘にしてあげることを積極的にやってあげたいなと感じています。

子供の視力回復にはいくつもの方法があり、その子にあっているかどうかはやってみないと分かりません。

また視力回復するためには継続して行うことが重要になるので、毎日続けられる視力回復なのか?という点もポイントになるでしょう。

視力が以前の状態にまで回復すれば、メガネ生活を免れるかもしれません。やはり娘は女の子ですからメガネをかけることに抵抗があるようで「かわいくないからメガネかけたくない」と言っています。

(大人になれば似合うメガネを探すのもひとつですが、我が家はメガネが似合いにくい家系っぽいので・・・夫も私もメガネ姿は正直イマイチです。)

また「メガネをかけたくないから視力回復トレーニング」をやってみたいとも言っているのです。

私も主人も視力が悪くてつらい思いをしているので、子供にはいつまでも視力を良く保ってもらいたいという気持ちが人一倍あります。

コンタクトやメガネを付ければ矯正はできるものの、やはりお手入れも面倒ですし、お金もかかりますし、何より目への負担も大きいです。

さらに一番煩わしいと感じるのはコンタクトやメガネを取った時に、何も見えなくなってしまうということです。

非常に不便ですし、メガネやコンタクト生活だと温泉やプールなどに行った時にも面倒に感じます。せっかく楽しいはずのイベントを楽しみ切れないのはもどかしいですよね。

子供さんの視力回復の参考になれば

子供の視力回復については今まで調べたことがなかったので、色々な方法があるんだなぁと感じるとともに、

『どの視力回復方法がいいのか?』『どれをどのくらいすればよいのか?』

など詳細を調べるのに非常に時間がかかります。

ネットで検索をすれば色々と視力回復についてはヒットするのですが、どの情報が正しいのかなどを見極めるのが大変です。

どうせ調べるならという事で、このサイトでは私が調べた子供の視力回復に関する情報を私と同じように子供の視力低下に悩んでいる方のために掲載しています。

子供の視力回復を図ってやりたいという、お父さん、お母さんに役立つ情報を提供できればと思っています。

ただ、お子さん自体だけでなくお父さん、お母さんご自身も気を付けていただかなければならないことがあります。

それは「緑内障」です。

緑内障は日本人の視覚障害理由の最大の理由です。もしも親が緑内障である場合、お子さんは緑内障の心配もしておく必要があるかもしれません。

緑内障の心配を解消するための参考サイトを紹介するので、こちらも読んでみてくださいね。

緑内障になったらどうするべきかはこちらのサイトを参照ください。

これらを上手く使って、皆さんの眼を守っていきましょう!


投稿日:2017年7月3日 更新日:

NEW ENTRY

子供の視力に関する不安は?親としてどう改善してあげるべき?

2017/10/07   -視力低下のサイン

視力が左右で極端に違う状態のことを不同視と言いますが、不同視になってしまうと視力は良い方の目が視力の悪い方の目をかばおうとするために、過度な眼精疲労を引き起こしやすくなってしまいます。 本来であれば両 ...

視力の定期検診が必要な理由は?

2017/10/07   -視力検査

子供できるだけ早いうちに、視力の定期検査を受けるようにするべきです。 海外の場合には3歳までに視力の低下検査を受ける、というのが一般的になっています。 視力が著しく低下している状態ではないかを検査する ...

アトピーによる視力の低下は子供にも起きる?

2017/09/16   -視力低下の原因

アトピーといえば、アトピー性皮膚炎を思い浮かべる方が多いと思います。 そしてアトピー性皮膚炎の原因というのは、完全には解明されていないとも言われています。 ただし、遺伝的にアトピー性皮膚炎になりやすい ...

視力回復に効果的なアイトレーニングとは?

アイトレーニングを取り入れるというのは、子供の視力低下予防や視力の回復をするうえで効果的とされています。 実は人というのは、両方の目でものを見ている様に考えているかもしれませんが、目には効き目というも ...

スマホが原因で眼球の位置がズレると視力が低下する?

2017/06/14   -視力低下の原因

テレビや読書などに比べると、スマホの画面というのはとても小さいです。 近くのものを見る時には眼球を内側部分へと寄せる力自体が弱くなっていますので、実際には両目でものを見ているのではなく、片方の目で見て ...

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.