子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力低下の原因

暗い部屋で読書したりテレビを見ると視力が悪くなる?

投稿日:

昔からよく耳にすることですが、暗い部屋で本を読んだりテレビを見ると視力が低下するといわれています。
暗い場所にいる時にはより多くの光を眼の中に取り入れようとします。
そのため、瞳孔が大きく開きます。
その一方で、読書のように近くのものに焦点を合せる時には瞳孔がきゅっと狭くなります。

つまり、暗い所で読書などをすると、瞳孔は光を取り入れようとしますし、読書をするので瞳孔を縮めようとします。
瞳孔の働きが真逆になってしまうので、瞳孔を収縮させる筋肉が酷く疲れてしまい、疲労感を感じるようになるのです。

ただ、それが視力低下に直接的に関係するかといえばそんなことはありません。
疲れというのはそのうちに回復するのと同じように、この程度の眼の疲れであればしばらく休めば回復します。

実際に、暗い所で本を読む実験をしても眼が悪くなることはなかったそうです。
明かりの少なかった昔よりも、現代というのはとても多くの光が存在しています。
そういったことからも、暗い環境が視力を低下させるというのはおかしな話です。

暗い部屋での読書が視力の低下につながるのではない

d29ccae82a2071092945bc5fe5387449_s
前述したように暗い部屋で物を見ようとすると毛様体が疲れるだけではなく、瞳孔が開いている状態になっています。
人工的な照明のなかった大昔から受け継がれてきた人間の眼が持つ重要な機能の1つになります。

暗い部屋で瞳孔が開いている状態で、パソコンやテレビが明るいと、瞳孔は閉じたり開いたりと大忙しです。
同時に、パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトが瞳孔の開いている眼の中にどんどん入ってきます。

ブルーライトは非常に強いエネルギーを持つ光で、眼にダメージを与えてしまいます。
眼の表面にあるタンパク質を硬化させたり、酸化させるなどして視力の低下につながるのです。
つまり、暗い部屋で読書をするだけで視力低下するわけではありません。
暗い部屋で読書をすることが習慣になっている人というのはパソコン、スマートフォンも暗い場所で使用することが多いものです。

部屋を明るくしておくことが大切

パソコンやスマートフォンを使用する場合には必ず部屋を明るくする癖をつけましょう。
そうすることで、必要以上にブルーライトを眼が吸収することもありません。
と同時に、瞳孔が開いたり閉じたりを何度も繰り返すことがありませんので、部屋を明るくするというのはとても重要です。

そしてパソコンやスマートフォンを使用する時には、ブルーライトをカットするメガネを使用するのもおすすめです。
子供用のブルーライトカットメガネも販売されているので、予防のために使ってみてはいかがですか?

-視力低下の原因

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.