子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力回復トレーニング

片目だけ視力は低下する?回復トレーニング法は?

投稿日:

92bdc8eeade5681d17c31cb1dab992ae_s
視力というのは、必ずしも両目が同じように低下するわけではありません。
場合によっては、片目だけ視力が酷く低下してしまうこともあるのです。
片目だけ視力が低下してしまうのは、主にパソコンやスマートフォンを使いすぎていることが原因の場合が多いです。

パソコンやスマートフォンの画面を見る時間が、非常に長くなりがちな現代ですが、その結果目の筋肉が常に緊張した状態でピントが合いにくくなってしまいます。
その結果、視力が低下してしまうのです。

遠くのものを見るのであれば良いのですが、スマートフォンやパソコンを見る時というのは比較的目との距離が近くなります。
両目で見ようとすると目の構造上、どうしても寄り目の状態になります。

そのため気がついたときには自然と片目で、ものを見ようとしているのです。
その結果、片方の目にばかり負担が大きくかかってしまいます。
片方の目の視力が低下してしまうと、視力が悪くなった方の目をかばおうとして、反対の目まで視力が低下してしまいます。

ストレスによる片目の視力低下

ストレスも視力の低下につながります。
生活していく中でストレスというのは日常的に必ず受けているものです。

それは大人だけでなく子供も同じです。
ストレスの影響は実は目にも引き起こされ、視力がどんどん低下していくことがあるのです。

結果的に片目だけ視力が低下し、ものを立体的に見ることができなくなることもあるのです。
このような症状を心因性視力障害等と呼ぶのですが、学校における出来事や、ストレスとなって症状を引き起こします。
本人は気づかず家族が視力の低下に気づくことも多いようです。

ものを横になって見てしまう

また横になってテレビを見るというのも良くありません。
テレビに限らず読書をしたり、スマートフォンを使用したりすると、視力が片方だけ悪くなります。

というのも横になると大抵の場合は両目を使いません。
左右どちらかの目だけを使用しているのです。

その結果、いつも同じ方向でものを見ているとそちら側の目ばかりが、一気に視力低下していくのです。
そのためテレビや本、スマートフォンを使用するのであれば、横になって見るのではなく、まっすぐ正面から見るようにすべきなのです。

片目だけ視力アップできるトレーニング法

片目視力回復トレーニング、というものがあります。
視力アップするトレーニングの1つとして、眼帯を使ったものがあります。
まずは、視力の良いほうの目に眼帯をつけます。

そして視力の悪い方の目だけでものを見るのです。
そうすれば、自然と視力の低い方の眼の筋肉をしっかりと使用することになります。

視力の悪い方の目で遠くのものを見るようにすると、視力が回復しやすくなると言われています。
ただし、長時間このトレーニングを行ってしまうと目に負担がかかってしまいますので、眼帯をつけたトレーニングは2分から3分を数回に分けて行うようにしてください

-視力回復トレーニング

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.