子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力低下の原因

メガネを常に使っていると視力が低下する?

投稿日:

3bd8a235b08a1b101cc5d38c287592f8_s
メガネというのは近視はもちろん遠視や乱視、といった視力の異常をサポートするための器具になります。
例えば怪我をしたときにサポートするのが松葉杖であるように、目のサポートをするのはメガネです。

近視用メガネの正しい使い方

近視は網膜において焦点を手前に合わせてしまい、ものが見えにくくなっていますので、近視用メガネを使用することで焦点距離が伸びるようになります。
ところがメガネをずっと着用し続けていると、メガネに頼りきりになってしまい、ものを見るという力自体が失われてしまいます。

それが原因でメガネによって視力低下が起きているのです。
近視用メガネの正しい使い方としては、ぼやけている遠くを見る場合にのみメガネを使用するのが理想的です。

それ以外の時には、基本的にはメガネを着用しないようにしましょう。
本を読むときや勉強する時など、近くのものを見るときには裸眼でも十分に見えると思いますので、メガネを外すようにします。

遠くのものを見て手元のものを見る場合、例えば黒板の内容をノートにとる時などには、何度もメガネの着脱をしていると面倒に感じるかもしれません。
しかし勉強する時などは、メガネはできるだけ外すようにしましょう。

メガネを常につけていると視力が低下していきますので、ぼんやりとしか見えなくてもあえて遠くのものを眺める、といったことも重要になります。
これもまた視力を回復させるうえでのトレーニングの1つとなります。

メガネで視力が低下するのはどうして?

メガネを使用することで、視力低下を起こすのは、メガネをかけた時にレンズと眼との間に距離ができるからです。
レンズと目との間には1センチ程度の距離が開いています。

普通のメガネのレンズというのは、近視が強度であるほどレンズの端の部分で歪みが生じます。
そのため目にどうしても負担がかかります。

しかしコンタクトレンズであれば、目に接触していますので目の負担は非常に少なくて済みます。
特に左右の目に視力の差があるいわゆる「がちゃ目」の矯正においては、メガネを使用しても限界があります。
コンタクトレンズであれば、視力の違うコンタクトを使用すれば良いだけですので矯正もしやすいのです。

こういったことからもコンタクトレンズは、メガネよりも視力の低下を起こしにくいと言われています。
しかしコンタクトレンズというのは、角膜に触れるために目に傷を作る原因となる可能性があります。

このようにメガネとコンタクトレンズというのはそれぞれにメリットもありますし、デメリットもあります。
そのため生活パターンやメガネ、コンタクトを使用する頻度といったことも考慮したうえで、どちらを使用するか選ぶようにしましょう。

-視力低下の原因

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.