子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力回復トレーニング

視力回復法のワックってどんな治療法なの?

投稿日:

binoculars-100590_640
ワックというのは眼科で行う仮性近視に対して使用される治療法です。
点眼薬のミドリンと同じように、視力回復において広く使用されています。

ワックについてもっと知りたい!

ワックの治療法の特徴というのは、望遠鏡そっくりの機械を使用して、その中を覗き込みます。
たったそれだけですが、視力の回復に効果的だといわれているのです。

これは自宅で行う仮性近視の治療法である、望遠訓練というものに似ています。

仮性近視の原因となっているのは、水晶体のピントを調整する筋肉を酷使していることです。
パソコンやスマホといったモニターを長時間見続けていることが、主な原因となっています。

そこで遠くのもの見ることで、眼のレンズを調節する筋肉をリラックスさせることができ、緊張状態の緩和につながります。

もちろん子供にテレビやモニターを長時間見させないということも重要ではあります。
しかしそれだけでは不十分であり、筋肉を緩ませることが何よりも大切です。

そのため仮性近視の場合には、望遠訓練も併用されることが多いです。
ワックはそのような望遠訓練の装置を使用することによって、より効果的に筋肉の弛緩を行うことができる治療法です。

大きな望遠鏡の形をしており、その中を覗き込むことでその内部に様々な風景の画像が映し出されます。
その画像を眺めていることで、遠くの景色を見続けているのと同じ効果を得ることができるわけです。

特に都会で生活をしている方というのは、家から遠くの景色を眺める、ということがなかなかできないこともあります。
そこでワックを使用することで、眼のピントを合せる働きをしている毛様体筋を弛緩させる効果があるといわれているのです。

非常に特殊な装置ですので、治療を受けている間はしばらく眼科に通院しなければなりません。

症状によって眼科に通う頻度が異なりますが、週に2~3回というのが一般的です。
費用だけでなく手間もかかってしまいますが、仮性近視というのは放置していると真性近視に症状が進行してしまいます。

真性近視に発展してしまうと、症状を改善することが非常に難しくなります。
そのためできるだけ早い段階で、仮性近視を改善することが重要なのです。

目薬や手術も良いけど…

また視力回復法の目薬などを使用すると、目に強烈な痛みを感じたり、しばらくピントが合わせづらいといった症状が出ることもあります。
つまりリスクがゼロでは無いのです。

もちろん手術となると目にメス入れたり、レザーを使用しなければならなくなるため、体への負担が大きくなります。
その点、ワックであれば目に直接薬剤を使用したり、メスを入れたり、レザーを使用するといったこともありませんので、負担を小さくすることができます。

また費用面や病院に通うといったことを考えた場合、どうしても不可能なのであれば普段から遠くを見るという癖をつけましょう。
できるだけ遠くの物をじっくりと眺めるようにするだけでも、筋肉を弛緩させる効果を得ることができるはずです。

-視力回復トレーニング

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.