子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力回復トレーニング

小学生の視力低下と夢中になる視力回復トレーニング

投稿日:

e7c865ddffa4ae9f55ad436fb0968dc1_s
小学生の視力回復において、何よりも重要な事は、子供の視力の低下にまず気づくことです。
小学生の視力は、とても不安定なもので、環境によって激しく変化するのが一般的です。

新しい学年になって春の視力検査では視力が2だったにもかかわらず、夏休みが終わって行われる力検査では、0.5まで低下していたということも決して珍しいことではありません。

成長期の子供というのは、体が成長するスピードも早ければ、体が悪くなるのもまた早いのです。
そして何より恐ろしいのは、子供の視力が低下していることになかなか気がつかないということです。
本人も気づきませんし、親や家族も気づくことがなかなか難しいのです。

そこで子供の視力の低下に、いち早く気付けるように、次のようなことをチェックしておきましょう。

子供のこんな仕草に要注意

まず目をこすったり細くしていることが多くなっていないか、テレビを見たりゲームをしているときに、気が付行けば前のめりになっていないか、時計やカレンダーを正確に見れない…などです。
このような症状が出ている場合には、視力が低下している可能性があります。

子供の視力が低下している可能性があるのなら、すぐにでも眼科で検査をしてもらいましょう。
そして視力が低下していれば、視力回復にチャレンジしてみてください。
何よりも重要な事は痛みがない方法選ぶことです。

眼科ではミドリンなどの目薬を処方されることがあります。
これは強制的に近視の状態を改善する上で、非常に効果的なものです。

しかし同時に痛みも伴いますので、激しく嫌がる可能性があります。
このような目薬をさすだけでストレスを感じるような場合には、継続して続けることができません。
そのため痛みの少ない方法を選ぶ必要があります。

そして視力回復をしている、ということを忘れることができような方法がオススメです。

子供が夢中になる視力回復トレーニングとは

子供が夢中になることといえばやはりゲームです。
ゲームに夢中になる理由は楽しいからです。

つまり気がつけば時間が経過っているような、またしたくなるようなゲームを利用して視力回復をしてみてはどうでしょうか。
視力回復トレーニングとして使用できるゲームはいくつかあります。

画面の中の立体的な画像を見たり、遠くの物や近くのものを見るといった様々な工夫がされているゲームです。
こういったものを使用することで、目の筋肉を解す働きがあると言われています。

ゲームであれば子供は夢中になって行いますし、視力回復トレーニングをしている、ということを忘れて積極的にトレーニングに取り組んでくれるようになります。

そして、子供の視力回復において実はとても重要な事は、親が諦めないということです。
視力回復トレーニングをしたからといってその日に視力が良くなるなんてことはまずありません。

そのため親が諦めるのではなく、視力回復までの長い道のりを常に付き添って一緒にゴールを目指す、ということが重要になるのです。

-視力回復トレーニング

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.