子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力低下の原因

子供の視力低下は遺伝?今すぐできる近視予防法とは

投稿日:

64639296a81f70d7f2f92885b154c5d5_s
近年、眼鏡をかけている子供をよく見かけるようになった、と思ったことはありませんか。
実は年々、近視になる子供が増加しているといわれています。

小学生の30パーセントが近視で、中学生になると50パーセントが近視だそうです。
では、どうして近視になってしまうのでしょうか。

どうして近視になる?

そもそも近視は、近くのものはよく見えているのに、遠くのものがぼやけてなかなか見えにくい、というものです。
近視が進行すると生活において不便さを感じることが多くなりますので、メガネで矯正をしなければなりません。

スポーツをしたり、友達と遊ぶといったごく当たり前の事でも、近視であることで楽しむことができないのです。
実は近視のメカニズムは、未だに明確には解明されていません。

しかし、眼軸が必要以上に伸びているということが、近視の症状を引き起こす原因になる、ということだけはわかってきたのです。
眼軸は近くのものを長時間見続けることによって伸びています。

ゲーム機、スマートフォンが普及したことによって、近くのものを長時間見つめ続けることが多くなり、その結果近視の子供が増えてきたと考えられています。

遺伝も関係している?

また、遺伝的な要因も関係している可能性があります。
両親が近視の子供は、両親が近視でない子供と比較すると近視になりやすいです。
近視は8歳から16歳の間で最も進行しやすく、20歳を過ぎるとあまり進行しにくいといわれています。

近視は知らず知らずのうちにどんどん進んでいきます。
そのため視力の低下を自覚しづらいのです。

小学生であれば、1年の間に2回から3回視力検査が行われることが多いです。
入学当初は視力が2.0だったにもかかわらず、夏休み明けには0.5にまで下がってしまうこともあります。

近視になると近くのものは見やすいのですが、遠くの方にピントが合いにくいので、時計やカレンダーなど見るときに目を細めてピント合わせようとします。
このような仕草をしている場合には、近視である可能性がありますので眼科で検査を受けるようにしましょう。

近視になりにくい生活習慣

近視にならないための生活習慣を身に付けるのも欠かせません。
スマートフォンやゲーム機といったものを一切触らせなければ、目が悪くなることもないかもしれません。

しかし、必ずしもそれが可能なのかといえばそうではありません。
今の時代、スマートフォンやゲームなどに一切触れずに生活することが困難です。
そこでいくつか決まり事を作ると、近視の進行を防ぐことができます。

例えばゲームは1日30分以内に制限する、というのは効果的です。
またテレビや読書、ゲームといった近くのものを長時間見続ける場合には、できるだけ明るくして目の負担を軽減するようにしてください。

また、寝転びながら読書やゲームをしてしまうと近視が進行しやすくなります。
このようにどうすると近視になりやすいのか、どうすれば近視を予防できるのかを良く覚えておきましょう。

-視力低下の原因

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.