子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力回復トレーニング

子供の視力検査で悪い結果が出た時にはどうすれば良いの?

投稿日:

f8e0795173779770d9bf031d56e8f342_s
視力検査で視力が著しく低下していた、という場合には今すぐにでも対策をしなければなりません。
というのも子供の視力というのは、短期間で驚くほどに悪くなってしまうからです。

できるだけ早い段階で、子供の視力が低下するのを予防することは、親にとってとても重要なことです。
子供の視力には、やはりテレビゲームが関係しているといわれています。

最近では自宅だけでなく、外出時などにもポータブルゲームプレイヤーを使用して、遊んでいる子供よく見かけます。
では、どうしてテレビゲームをすることで視力が低下してしまうのか、正しく理解しているでしょうか。

テレビゲームで視力が低下する理由

テレビゲームをすることによって瞬きの回数が著しく低下し、呼吸が早くなるといった様々な変化が身体に起きます。
また、画面に近いところで夢中でゲームしてると、目の毛様筋の緊張が長時間続くため近視になりやすいのです。

特にポータブルゲームプレイヤーは、他のゲームに比べて画面が小さいために顔を近づけやすくなります。
ゲームを長時間行うことで視力の低下が引き起こされる、ということは間違いありません。
そこで視力の低下を予防する習慣を取り入れるようにしましょう。

視力低下を予防する習慣

やはり定番なのが、遠くを見るということです。
遠くのものを見ることによって毛様筋をリラックスさせることができ、近視の症状を緩和することができるのです。

ゲームをする事は控えるようにし、なおかつ遠くのものを見るようにすることで、目が受けている負担を軽減することができます。

目の周辺の血行良くするというのもオススメです。

目の周辺の筋肉を緩めることで、血液の流れが良くなり疲労回復などにもつながります。
目のくぼみに沿って指で擦るようにマッサージをします。

ただマッサージをするのではなく、マッサージの前に温かいおしぼりなどを使用して血液の流れを良くしておくといいでしょう。

しかし、このようなトレーニングやマッサージを取り入れたいと思っていても、なかなか実践することができません。
そこで子供にやる気を出させるためにも、このままでは眼鏡をかけなければならなくなる、ということをわからせる必要があります。

眼鏡をかけたくない、という子供の気持ちを上手に利用した方法ですのでぜひ試してみてください。
多少脅すような形になったとしても、子供が将来視力に関して苦労することがないように、視力の低下を予防してあげてください。

-視力回復トレーニング

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.