子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力検査

子供の視力発達はいつから?視力検査は何歳が最適?

投稿日:

4784dfbda3c19588e52306f89d3ab05d_s
赤ちゃんの視力は、生まれてからすぐに成長とともに発達していきます。
赤ちゃんが誕生した時点で、目の器官自体はほとんど完成した状態です。
そこから、視力などが発達していきます。

視力がどのように発達しているのかどうかを家族で見守る、というのがとても重要です。

生まれてからの視力の経過

生まれてから2ヶ月までは視力は0.1以下です。
左右の目を連動させることも上手にできないので、片方の目が寄っていたり、目が泳いだりするのもそのためです。

3ヶ月くらいになると、顔の正面のものをじっと見つめたり凝視することができます。
授乳のときには赤ちゃんとの間の距離は30センチ程度にしてみて、凝視できるかを確認しましょう。
また、明暗の区別ができるようになるので、明るい方向へ目を向けることが多くなります。

4ヶ月が経過すると両目の連動ができるようになり、視力も少しずつ発達していき色々な物が見えるようになります。
そして、目で物を追えるようになるので、おもちゃを夢中になって追うようになるのです。

5ヶ月から6ヶ月になると視力は0.2にまで成長し、首が座ってくるので上下の物の移動についていけるようになります。
首が座ることで、赤ちゃんの視野は非常に広がりますので、さらに色々な物を目で追えるようになるのです。

1歳になると視力が0.3程度にまで発達しますので、視界もかなりクリアになります。
多くのものを見ることができるようになります。
それでも視力はまだまだ発達段階ですので、大人と同じような視力になるのは3歳頃になってからだといわれています。

3歳になるまでは視力検査の必要はありません

目の機能というのは、視力、調節、視野、立体視といったものから構成されています。
脳の発達と連動して、誕生してから目の成長はすぐにスタートします。

色を見極める色覚や立体視力は、6歳になる頃に完成します。
大人位の視力、つまり1.0程度になるまでには3歳から6歳と個人差が大きいため、視力検査は3歳になってから行ってください。

先ほども申し上げたように、視力というのは3歳になる頃に安定してきます。
3歳前に視力検査をしたとしても、まだまだ不安定な状態で検査していますので意味がありません。

3歳になるまでに子供がテレビを過度に長時間観ていたり、テレビに近づき過ぎている場合には、視力の発達に大きく影響してしまうことがありますので、十分に注意しなければなりません。

また、3歳になって視力検査をして、その時に酷く視力が低い場合でも6歳までであれば視力は発達し続けますので、慌てる必要はありません。
ただ、3歳の段階で視力が0.1などの場合には異常が起きている可能性がありますので、医師に相談をする、もしくは生活環境に問題が隠れている可能性があります。

そういったことからも、3歳頃に一度視力検査を受けて、目の成長がしっかりと進んでいるかのチェックはした方が良いでしょう。

-視力検査

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.