子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力低下の原因

強度近視は遺伝する?子供の視力と学力は関係性があるの?

投稿日:

c009b2a4c2b0dd9531811de9e7052cea_s
強度近視は遺伝するのか、不安視されている方も多いでしょう。
大半は遺伝することが多く、子供の頃にすでに症状が起こることが多いのです。
普通は20歳くらいで強度近視の症状の進行は止まりますが、それまでは成長するに従って症状が進行していきます。

遺伝で強度近視になる、という疑いがあるのであれば専門医の診断にかかり、適切な処置を取るのが理想的です。
親が強度近視なのであれば、子供が遺伝を持っていることが大半ですので、定期的に検診を受けて、できるだけ早く症状に気付けるようにすべきです。

実際に子供が遺伝で強度近視になったとしても、治療方法はある程度確立されています。

近視の子供の増加理由

近年、近視の子供の数というのは増加傾向にあります。
中学生で、裸眼視力が1.0未満の人の割合は5割にもなるといわれています。
この割合の増加率は、少し異常であるともいわれているようです。

近視がここまで進行した最大の要因は、子供たちを取り巻いている生活自体が大きく変化したことです。
例えば、TVゲームやスマートフォンといった液晶画面を、長時間見続けるようになったことも深く関係しています。

子供の近視が勉強嫌いの原因に

子供の近視が勉強嫌いの原因に繋がる、というのをご存知でしょうか。
近視や遠視によって手元が見えにくかったり、遠くの物が見えにくい場合には、教科書や黒板の字がよく見えないため、そのまま勉強嫌いになってしまうことも少なくありません。

さらに、遠視の場合にはそのまま放置していると弱視になってしまうこともあるのです。
勉強嫌いの子供の中には、近視や遠視が原因となっていることもありますので、勉強嫌いだからといって、ただ勉強が嫌いなだけなのかといえばそうではないのです。

視力が悪いことによるストレスが勉強嫌いに繋がり、ストレスによってさらに視力に影響を及ぼすという悪循環に陥ってしまうこともあるのです。
それが原因で、心因性視力障害を引き起こすことがありますので、十分に注意をしなければなりません。
子供の場合には、心因性視力障害を引き起こすリスクは4倍にもなるといわれているのです。

普段の生活の中で視力が低下する要因が数多く存在しています。
それらを完全に排除することは不可能ですので、子供の視力が低下していないかどうか、ということを親が少しでも早く気付いてあげることが重要になるのです。

TVゲームやスマートフォンを行っている時は、子供は夢中になっていますので、つい時間を忘れてしまうものです。
そのため、長時間続けて行うことがないように、適度に休憩を挟ませるなど注意してあげなければなりません。

-視力低下の原因

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.