子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力回復アイテム

子供の視力改善で使用される点眼薬って?注意点はあるの?

投稿日:


自分の子供の視力がどの程度低下しているのか、というのは親でもなかなか気がつけないことが多いです。
視力について今までしっかりと考えたことがないのであれば、子供の視力についてしっかりと考えてみましょう。

視力の著しい低下への対処

もしも視力検査において、視力が4段階のうち3段階から4段階まで低下しているのであれば早急に対処する必要があります。
最近では、視力は1.0などとは表現されずに、AからDのランク分けになっています。

視力が1.0以上の場合にはA、0.7から0.9の場合にはB、といったようにランク分けされているのです。
そして、ランクCであれば0.3から0.6、Dであれば0.2以下まで低下しているということです。

視力がAやBだったにも関わらず、数ヶ月時間が経過しただけでCからDに下がっていた、ということもあります。
そのような場合には、何かしらの原因が隠れています。

ランクがCであっても、普段の生活の中ではよく見えたり、不自由しないということが多いです。
しかし視力が低下しているという事は、その原因が隠れているということに間違いはありませんので、一度眼科で検査をしてみましょう。

検査を受けた上で近視であると判断されると、点眼薬を使用した治療が行われることが多いです。
子供の場合、視力の調節機能がまだまだ発達途中であるため、視力が安定しないという事はよくあります。

また生活習慣によって、一時的に近視のような状態になっている場合、治療や生活習慣の改善によって視力が元に戻ることもあります。

点眼薬による視力の回復

目の緊張を和らげることができる点眼薬を使用して、視力改善ができるのかどうかを確認する、ということもできます。
眼科において処方してもらう点眼薬として多いのは、サンドールMYになります。

こういった点眼薬は目の筋肉の緊張ほぐす働きがあります。
そして緊張した筋肉をほぐすことによって、視力を正常な状態に近づけるということを目的としています。

しかし、この点眼薬を使用すると瞳孔が開きますので、日中はものが見えにくくなったり、日常生活に支障が出ることがあります。
そのため点眼薬を使用する場合には、就寝前に使用してください。
点眼薬を使用したら、ほんの僅かな明かりでも眩しく感じますので、部屋をできるだけ暗くして本やテレビはなるべく見ないようにしなければなりません。

親の付き添いが必要

また、子供の視力検査を受けに行く場合には、点眼薬をその場で使用されることがあります。

その場合には効果が長く続くタイプであれば、1日から2日は目が見えにくい状態になることがあります。
そのため点眼薬を使用した後は、出かける必要がないようにしなければなりませんし、病院から帰るときには自転車や徒歩での移動はできるだけ避けなければなりません。

検査を受けるのであれば子供1人で眼科に行くのではなく、親も必ず一緒に付き添うようにしてあげてください。

-視力回復アイテム

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2018 AllRights Reserved.