子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力低下のサイン

子供の視力の発達は正常?こんな症状出ていませんか?

投稿日:


数年前までは親子の生活において、テレビやパソコン、携帯電話などとどのように付き合っていくのか、というのはとても重大な問題として取り上げられていました。

泣き止まない赤ちゃんに対してテレビを見せることで突然泣き止んだり、携帯電話を見せると泣かずにいてくれるなど、さまざまなメリットがあるとして電子機器を使用していたお母さんも多いと思います。

しかし近年ではスマートフォンやタブレットの登場によって、目からの刺激が以前と比べて圧倒的に多くなっている時代になっているのです。
そんな現代において、子供の視力について気になることも多いと思いますので、いくつかチェックしていきましょう。

3歳で大人並みの視力に

生まれたばかりの赤ちゃんの視力はだいたい0.02くらいだと言われています。
形をぼんやりと認識することもできませんが、明るさ程度であれば判断できるようになります。

生後6ヶ月になると視力が0.1程度になり、焦点がしっかりと合うようになります。
視力は生後1歳頃までに凄まじい速さで発達し、物を立体的に見ることができるようになるのです。

子供の視力は、6歳までに目をどのように使っていたのか、ということがとても大きく影響します。
視力が自然と身につくものであり、何もすることはないと思われているかもしれませんが、視力はものを見るという訓練をすることによって少しずつ発達して、初めて完成するものなのです。

つまり、ものが見えにくい状態だとものを見る訓練することができずに、視力がしっかりと成長しなくなってしまいます。
つまり6歳までの目の使い方が、その後の人生にとても大きく影響をするということだと言えるのではないでしょうか。

子育てをしているお母さんというのは、少しでも目に負担をかけないように、ということばかりを考えてしまいがちです。
そしてしっかりとものを見る訓練をする、ということ自体を忘れてしまいがちです。
6歳を過ぎてからもっと早く目をしっかりと使うトレーニングをするべきだった、と思っても手遅れなのです。

視力のバランスにも注意

さらに、両目の視力がどのようなバランスなのかもしっかりと確認しておかなければなりません。
両目の視力に大きな差があったり、斜視が起きていると、両目で見たものをしっかりと脳の中でひとつの情報としてまとめることができない場合があります。

ものを立体的に見ることができなかったり、奥行などを正確に判断することができないために、ものをつかむのが苦手だったり、歩いていてもつまづきやすかったりなどの悪影響が出るようになります。

どこかによく頭をぶつけたり、ものを取ろうとしてもしっかりとつかめなかったりといった症状が出ているのであれば、もしかすると両目の視力のバランスが著しく崩れているのかもしれません。

小さい子供というのは、本格的な視力検査はなかなか実践されないこともありますが、子供の視力というのはその後の人生にとても大きく影響しますので、できるだけ早く視力検査などを行い、子供の視力はどの程度成長しているのか、何かしらのトラブルが起きていないかを十分に確認しておく必要があるのではないでしょうか。

-視力低下のサイン

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.