子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力低下の原因

生活環境が視力低下の原因になる?

投稿日:


生活環境は視力の低下を招くといわれています。
近視の原因となっているものがすべて遺伝であると思われている方もいるようですが、実は遺伝によって視力が低下する確立というのは5%程度です。

では、視力の低下の原因となっているのはどのようなものがあるのでしょうか。
やはり環境的なことが関係しています。
子供だけではなく、大人であってもテレビやコンピュータ、スマホが欠かせない時代になっています。

このような近くの画面を長時間見続けるような作業を続けたり、読書や勉強を長時間することで、目に大きな負担となって視力の低下の原因になっているといわれています。

そこで、子供の視力の低下を防ぐためにも、視力が低下しにくい習慣をつけることがとても重要なのです。

遠くを見るように心がける

生活というのは大人や子供に関係なく、近くのものを長時間見続けることが多くなっています。

遠くを見る機会が少なくなることによって、目がその環境に順応していて、近視が増える原因にもなっているのです。
近視は環境病と呼ばれることもありますが、そういった理由があるのです。

また、目の構造にも関係があります。
ものを見る場合、目とものの距離は目の負担の大小に大きく関係するといわれています。

人間の目とカメラの構造

人間の目はカメラと同じような仕組みなのですが、水晶体はカメラのレンズのことです。
水晶体の厚みを調節することで、ものを見ることができています。
水晶体のまわりを囲んでいる毛様体と呼ばれる筋肉が伸び縮みすることによって、水晶体の厚みを変化させ、焦点を合せることができるのです。

近くを見る作業を何度も続けていることによって、毛様体が緊張し続けることで、目に負担をかけてしまいます。
遠くを見ることは毛様体の緊張状態を緩和して、水晶体を薄くします。
その結果、ピントを調節する機能自体が回復するのです。

疲れている時に遠くのものを見ると目がすっきりするのはそのためなのです。
このように、近くのものを長時間見続けることが多い現代人にとっては、遠くのものを見るというのはとても大切なことなのです。

目に負担をかけないようにする

近視や目の疲れの原因となっているものが環境なのであれば、その環境自体を改善しない限り視力の低下はどんどん進んでしまいます。

テレビやゲーム、スマホなどといった映像による情報というのは、現代の生活に欠かすことができません。
見ること自体が悪いというのではなく、問題となっているのはその見方なのです。

目に負担をかけないように、上手に付き合っていくことがとても重要になります。
どうしても目にかかる負担を軽減できないのであれば、1時間に一度は遠くを見るようにするのがおすすめです。

-視力低下の原因

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.