子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力回復アイテム

コンタクトレンズだけで視力回復することができる?

投稿日:


就寝時に装着すれば、たったそれだけで簡単に視力を回復させられるコンタクトレンズがあるのを聞いたことはありますか?

このコンタクトレンズをオルソケラトロジーと言います。

オルソケラトロジーについて詳しく教えて

オルソケラトロジーというのは、日本ではまだまだあまり馴染みのないものですが、海外で研究開発され眼科医の間で非常に注目されているのです。
コンタクトレンズを装着することで、レーザーなどを使用した手術とは違い非常に低いリスクで視力を回復させることができる、ということが人気の理由となっています。

ではオルソケラトロジーは、どうして視力を回復させることができるのでしょうか。

オルソケラトロジーは、ソフトコンタクトではなくハードコンタクトを使用しています。
この硬いコンタクト使用することによって、角膜に一定の圧力をかけます。
角膜に傷をつけることによって、光が屈折する率をコントロールすることができ、本来あるべき視力に回復させることができるのです。

人間の角膜というのは、目を保護するという目的で固さと厚みを兼ね備えています。
その一方で、非常に弾力があると同時に新陳代謝が活発に行われています。

そこでコンタクトレンズを使用して矯正することによって、眼球の形を変えることができ、その形を維持することができるのです。
こういった角膜の性質を利用することで、手術を行わないで屈折率の矯正を行うことができる、というのがオルソケラトロジーになります。

コンタクトを装着する期間が長ければ、それだけ形状は変化しやすく、なおかつ変化した形状を安定させることができます。
視力が安定することはもちろんですが、角膜の形がある程度整うまでは視力が変化しやすくなります。

このようなオルソケラトロジーに使用される夜間装着可能なコンタクトレンズというのは、厚生労働省によって許可されている角膜の矯正用レンズでなければなりません。
正確には、高酸素透過性コンタクトレンズと呼ばれるものになります。

角膜の形を調節することはもちろん、特殊な形状でドライアイを予防し、就寝時に装着しやすいコンタクトレンズとなっています。

オルソケラトロジーにはどんな効果があるの?

オルソケラトロジーは、長期間使用することによって裸眼による視力を維持することができます。
ただしコンタクトレンズは、どのくらいの期間装着するのかによって効果に違いが出てきます。

治療を開始してすぐの頃は、基本的にはコンタクトレンズを常に装着した状態になります。
1週間程度続ければ、裸眼の視力をある程度維持できます。

すぐに驚くほどの視力の回復効果を得られることもありますし、効果が得られるまでに時間がかかることもあります。
非常に個人差が大きなものですが、3か月から6か月程度経過すればある程度効果を得ることができるようになります。

オルソケラトロジーは軽い近視や、子供の近視に対して特に高い効果を期待することができると言われています。
子供の角膜というのは、柔軟性も非常に高く圧力をかけると簡単に形状が変化するので、一定の効果を得ることができるのです。

-視力回復アイテム

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2018 AllRights Reserved.