子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力検査

子供の目の健康を守ることも親の大事な勤め!子供の視力検査は積極的に

投稿日:


乳児から小学校低学年の子供のいる方は、注意しなければならないことがあります。
それは子供の視力検査を必ず行うということです。
小さい子供というのは自分の目が悪くなっていたり、見えにくいとしてもそれが異常であると気づかないことが多いです。

もともと視力が悪い子供は、ものがはっきりと見えている世界自体を一切知りません。
視界がぼやけていても、もともとこのように皆見えているのだろうと思ってしまうのです。
そのため少しの異常も親が見逃さないようにして、できるだけ早く子供の視力の異常の原因や解決方法を見つけてあげることが大切なのです。

視力検査のタイミング

子供というのは、生まれてすぐの頃は目に映った光を脳に伝える細胞の働きが非常に弱いです。
そのため視力がほとんどありません。
生まれてから急速にこの細胞の働きが活発になり、少しずつ発達の速度は遅くなっていきます。
小学生になると細胞の発達はほとんど止まってしまい、目の組織自体は完成されます。

近視や遠視はもちろん、緑内障などの目の病気は8歳になるまでに治療を行うことが重要です。
8歳以降になると目の治療を行ってもなかなかうまくいかず、効果が出にくいからです。
できるだけ早く目の治療を開始するためにも、2歳から3歳までには最初の視力検査を受けるようにしてください。

意外と楽観視しやすい逆さまつ毛

目の周辺に生えているまつ毛ですが、目に入るゴミやほこりを取り除くフィルターのような役割をしています。
そのため目の外に向かって、まつ毛が生えていなければなりませんが、目の内側に生えてしまうことがあります。
目の内側に向かって毛が生えてしまうと、目を傷つけてしまい何度も炎症を起こしてしまいます。

最悪の場合には、逆さまつ毛が原因となって角膜をひどく傷つけてしまい、太陽光を直接見ているわけでもないにもかかわらず、光を異常なほど眩しく感じたり、視力が著しく低下してしまうこともあります。

まつ毛が内側に向かって生えているため、そのまつ毛を切ってしまおうとする人もいます。
丁寧にカットしたとしても、目のすぐそばのまつ毛を取り除くので非常にリスクが高いです。

またまつ毛は、ハサミなどでカットすると非常に先端が鋭くなります。
先端が鋭くなってしまうと余計に目に傷が入りやすくなります。

一時的にまつ毛が短くなることで逆さまつ毛の症状が改善されることはあります。
しかし再びまつ毛が伸びてくると、以前よりも増して鋭く尖った先端が目を傷つけるようになり、以前よりも症状がひどくなることが多いです。

まつ毛をカットする時に怪我をするリスクもありますし、再びまつ毛が伸びてきた時には以前よりも大きなリスクに苛まれることになります。
そういったことを考えると、やはり自分たちでなんとかしようとするのではなく、眼科で治療を受けるようにしてください。

親ができることはなに?

このように子供の視力や目の異常といったものに対してどのように対処するのか、というのは親に全てがかかっていると言っても過言ではありません。
できるだけ症状を小さくするために、少しでも目にかかる負担を軽減するために、普段からしっかりと子供の目や行動を観察するようにして、少しでも早く症状を改善できるようにしなければなりません。

-視力検査

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.