子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力低下のサイン

子供の視力に関する不安は?親としてどう改善してあげるべき?

投稿日:


視力が左右で極端に違う状態のことを不同視と言いますが、不同視になってしまうと視力は良い方の目が視力の悪い方の目をかばおうとするために、過度な眼精疲労を引き起こしやすくなってしまいます。

本来であれば両目を使って物を立体的に見ているのですが、性機能が十分に発達できないために物を立体的に見る力自体が弱くなってしまいます。
不同視弱視と呼ばれる状態になると、物を立体的に把握することができず視力が著しく低下します。

このような不同視の症状を改善するためには、眼鏡を使用したりコンタクトレンズを使用することになります。
視力が低下している側の目をカバーしてあげて、視力の差を緩和するということです。

子供の斜視はどう改善する?

斜視というのは大人はもちろんですが、子供にも多い症状です。
左右の眼球の視線がしっかりと合致していない状態のことを斜視と言いますが、斜視になってしまうと、片方の目で物を見ようとしますので使っていない片方の目の視力が十分に育たないため視力が低下してしまいます。

斜視の原因となっているのは、両目の姿勢をしっかりと合わせるための脳の機能自体が悪い場合もありますし、眼球を動かすために必要不可欠な筋肉に原因がある場合もあります。
遠視の影響によって内斜視と呼ばれる症状が出てしまうこともあるようです。
片方の目がよく見えていない場合には、その目は物を見ようとせず視線を合わせる必要自体がないために、意思とは関係のない方向に目が向いてしまい斜視になってしまうことがあるのです。

ただし、小さい子供の場合には斜視だと思っていても、実は斜視ではなかったと言うこともあります。
目と目の間の部分の発育が悪いために、黒目の位置が少しずれているだけであり年齢を重ねるごとに少しずつ症状が緩和される場合もあります。
斜視の場合、眼球を動かすうえで必要な筋肉の動きの強さを変えることによって根本的に治療を行います。

異常に涙が出て目をショボショボさせる

子供の瞼は分厚いですのでまつげが内側の方向に向いてしまったり、まつ毛の先端が眼球に触れてしまうことがあります。
しかし目にまつげが当たったとしても、子供のまつげというのは柔らかいためそこまで気にすることはありません。
しかし自然と涙の量が増えてしまったり、眩しく感じることがありますので、子供が目をショボショボしているような場合にはまつ毛が目を刺激している可能性があります。

このような症状が3歳頃になっても改善されないような場合には、成長につれてまつげも硬くなり、眼球を傷つけてしまうようなリスクも高くなっていきます。
まつ毛を外側に向ける手術を受けて対処する場合があります。

目が異常にはれている

子供の目が異常に腫れている場合には、さまざまな症状が考えられます。
多いのはものもらいと呼ばれる症状を引き起こしてる場合です。
ものもらいは本来は汗を分泌するために欠かすことができない汗腺に雑菌などが侵入することによって、皮脂の出る穴が詰まってしまい炎症を引き起こしている状態です。
ニキビと非常に良く似ているのですが、抗生物質、点眼薬などを使用することで簡単に治すことができます。
しかし過剰に膿が出ているような場合には、治りが遅くなってしまいますので切開した上で膿を取り出すこともあります。

-視力低下のサイン

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.