子供 視力回復

子供の視力を回復させよう

視力検査

視力の定期検診が必要な理由は?

投稿日:


子供できるだけ早いうちに、視力の定期検査を受けるようにするべきです。
海外の場合には3歳までに視力の低下検査を受ける、というのが一般的になっています。
視力が著しく低下している状態ではないかを検査する、というのはとても重要なもので、弱視を早期に発見できるのかできないのかで将来的な失明のリスクも大きく違ってきます。

通常であればかかりつけ医で、子供の視力検査は定期的に行います。
文字やイラストなど単純なものを見せて視力検査を行いますが、視力検査装置と呼ばれるものを使用することもあります。
視力検査装置を使用することによって、視力に何かしらの影響を与える因子が隠れているかどうかを把握することができるので、定期検査は受けるようにしてください。
視力を計測する方法はさまざまありますので、親が医師に説明を受けておくようにしましょう。

子供が視力検査に引っかかってしまった場合には、包括的に検査を受けなければならない場合もあります。
この眼科検査というのは、視能訓練士のような専門家が行います。
小児眼科医というのは一般的な眼科医よりもより子供の視力に関する知識を豊富に持っており専門の教育を受けています。

目の病気を持っている子供一人一人によりあった治療を行うことができるのです。
一度検査で引っかかった場合には、その後も検査を定期的に受けなければならない場合があります。

読書用眼鏡の必要性

検査を受けて異常が見られた場合には、読書用メガネを処方する眼科医がいます。
読書用メガネというのは薬局などにおいても手軽に購入することができますが、その効果には疑問を持つ眼科医が多いようです。

子供は読書用メガネがなくても、目の焦点を変えることが十分に可能です。
薬剤によって目の緊張を根本的に解さなければならなかったり、視力が左右で大きく違いがある場合には眼鏡を使用しなければならない場合もあります。

基本的に読書用メガネというのは、遠視の症状のある人が使用するものです。
遠視の人は遠くのものであれば良く見えるのですが、近くの物が見えにくいので専用のメガネを使用して近くのものが見えやすくするのです。

読書用眼鏡が必要なのはどんな子供?

普段から頻繁に目を細めていたり、目を何度もこすっているような場合、また物が二重に見えていたり目やにが大量に出るような場合には視力スクリーニング検査を受けた方が良いかもしれません。

子供の視力検査は短期間で目まぐるしく変化する場合があります。
少しでも早く異常に気付き、正しく対応するためにも定期的に視力検査を受けるようにすべきです。

-視力検査

Copyright© 子供の視力を回復させよう , 2017 AllRights Reserved.